ナビゲーションをスキップする

採用情報

ここから本文です。

後期研修医 | 採用情報

医療法人スミヤ 角谷整形外科病院 後期研修プログラム

プログラムの概要

前期研修2年を終了し後期研修の専門領域を選択された方で、整形外科専門医資格取得に向け研修されるものを対象とする。

プログラムの特徴

充実した指導医が常勤しており、全国でもトップクラスの症例数の手術が勉強できます

基本診察法、検査法、画像診断を習得し、患者の背景などを基に治療計画を立て、保存的療法や手術法の適応を適切に判断するのに必要な技術習得を目的とします。年間手術件数は約900例あり、特に内視鏡脊椎関係は年間約600例行っています。悪性腫瘍以外、ほぼすべての症例を診ることができます。
手術にも多く立ち会って頂くことになりますので、多くの症例を診ることで整形外科専門医として必要な研修ができる施設です。

業務内容 外来・病棟業務・手術
募集人員 1~2名
給与 病院規定に準ずる
募集資格 初期研修を終了した医師
募集背景 体制強化
勤務地 角谷整形外科病院
勤務日数 週5日
勤務時間 8:30~17:00(夜診19:00)
当直/オンコール 平日:週1回当直・土、日:月1回
休日 土曜日、日曜日、祝祭日
休暇 年末年始休暇、夏季休暇
待遇/福利厚生 各種社会保険完備、学会費交通費負担
主な症例 脊椎内視鏡下手術600件/年・関節鏡視下手術180件/年・人工関節および骨折等手術370件/年
主な関連大学 和歌山県立医科大学、大阪市立大学医学部、京都大学医学部

入職後のイメージ

【手術症例】

整形外科一般、外傷

  • 骨折観血的整復固定術
  • 筋・腱断裂手術

脊椎外科

  • 内視鏡視下手術(頸椎・腰椎ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症)
  • 頸椎脊柱管形成術

人工関節手術

  • 人工股関節置換術、人工膝関節置換術、人工肩関節置換術

関節鏡手術

  • 膝関節  ACL再建術、MPFL再建術、半月板縫合術・切除術
  • 肩関節 反復性脱臼手術(バンカート修復術)、腱板断裂修復術、投球肩手術
  • その他、手関節、肘関節、股関節、足関節

手の外科手術

  • 鏡視下手根管開放術、肘部管開放術、手指腱断裂修復術
  • 再建術、手指骨折手術、切断指接着術、腱鞘切開術 手足の先天異常(多指症、合指症)形成術、野球肘手術

同僚コメント

当院は和歌山県立医科大学をはじめ多くの大学の卒業生が在籍し、学閥にとらわれず、風通しの良い医局構成になっています。
脊椎疾患、関節疾患、形成外科や麻酔(ペインクリニック含む)の専門医が常勤していて指導や相談にものってくれます。また当院は日本整形外科学会専門医制度の研修施設と日本形成外科学会教育関連施設でもあります。
病院の勤務は忙しいですが、休日などは和歌山の自然や味覚を満喫したりスポーツで汗を流したりしてリフレッシュできます。ぜひ、きのくに和歌山の表玄関和歌山駅に近い医療法人スミヤ角谷整形外科病院でいっしょに医療に取り組んでいきましょう。

(理事長 角谷正文)

研修責任者名 角谷 正文
研修責任者の役職 理事長
病床数 70床
医師数 11名
一日平均外来患者数 350名
一日平均入院患者数 60名
研修指導医数 5名
研修医数 4年次 1名
研修医の主な出身大学 和歌山県立医科大学
関連施設 角谷リハビリテーション病院、デイケアすみや、スミヤ在宅ケアセンター
関連大学医局 和歌山県立医科大学(整形外科、麻酔科)
京都府立医科大学(形成外科)
大阪市立大学医学部(形成外科)
病院見学日 随時(事前連絡して頂き、日時の確認をしてください。)
試験日程 随時(事前連絡して頂き、日時の確認をしてください。)
選考方法 面接、書類選考
応募資格 初期研修を終了した医師
募集予定人数 1~2名
処遇
  • 身分 常勤職員に準ずる。
  • 社会保険 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
  • 医師賠償責任保険 あり
  • 宿舎・住宅 なし
  • 当直回数/月 当直回数 1/週 程度
応募書類 医師免許証(写し)
履歴書
初期研修修了(見込み)証明書
応募締切 なし、随時対応するが、事前連絡していただき、日時を決める。
応募連絡先

担当者 事務長 瀧谷 年克  労務課長 宮崎 智久
TEL 073-433-1161 FAX 073-432-6054
E-mailアドレス tmiya@sumiya.or.jp