ナビゲーションをスキップする

ここから本文です。

病院からのお知らせ

有田院長ラジオ出演情報


番組名:ラジオ健康教室

テーマ:「高血圧と健康寿命について」
放送日:3/183/22 1210~  3/253/29 510


 

有田院長講習会情報

   (公社)日本栄養・食糧学会 関東支部
   第21回 健康栄養シンポジウム(旧脂質栄養シンポジウム)
        「血管を守る健康習慣」
   日時:平成31年1月26日(土) 13:00~17:00
   会場:星陵会館 東京都千代田区永田町2-16-2
   世話人:茨城キリスト教大学 名誉教授 板倉 弘重


    15:20~16:20「家庭で測る血圧測定の重要性」




   かつらぎ町地域福祉センター
   日時:平成31年2月22日(金) 
   会場: かつらぎ町地域福祉センター 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
   対象:平成30年度健康診断受診者の内で高血圧教室に参加した方


    今後の生活について講演及び個人経過指導



宮北地区連絡所で健康づくりについて講演

 宮北地区社会福祉協議会が開催する第11回宮北地区ふれあい健康長寿トーキングが平成30年8月27日に和歌山市宮北地区連絡所において、地区住民53名の参加を得て開催されました。健康長寿トーキングの講演会では角谷リハビリテーション病院の有田幹雄院長から「生活習慣病と健康づくりについて」のテーマで講演が有りました。 
 講演会では生活習慣病にならないためには、日頃からの健康教育の重要性を一人一人が気づき実践することが大事だ。要介護状態になるのは生活習慣病とフレイルが大きな要因となる。特に和歌山県では高血圧の患者が日本一多い状況となっており、平均寿命が男女とも短い。高血圧の治療は医療の進歩により高血圧患者の血圧を低下させることが可能となったが、治療の進歩にも関わらず血圧コントロール不良の患者が増加している。この対策として、減塩、運動、減量、節酒、禁煙に取り組み、適切な降圧薬を使用し、より厳格な血圧のコントロールが大事だと講演された。