研究情報の公開(オプトアウト)について

オプトインとは

平成29年2月28日に厚生労働省から新たな倫理規定の指針が公布されました。
通常の臨床研究の場合、文書もしくは口頭で説明・同意(いわゆるインフォームド・コンセント)を取得いたします。このことを「オプトイン」といいます。

オプトアウトとは

臨床研究のうち、身体への侵襲や介入がなく、診療情報や医療情報のみを取り扱う研究や、余った検体のみを用いる研究は、国が定めた指針「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、対象となる全員から個別に、直接同意を得ることはしておりません。研究に関する情報を公開し、さらに拒否の機会を保障しております。このことを「オプトアウト」といいます。

社会医療法人スミヤの取り組み

当法人においてオプトアウトを行っている臨床研究を下記に掲載しています。研究の詳細をお知りになりたい方や研究への協力を希望されない場合は、掲載文書内に記載されている各研究の担当者にご連絡ください。

なお、すべて当法人倫理委員会が審査を行い承認した研究です。また、上記倫理指針を遵守し、対象となるかたのプライバシーや人権に細心の注意を払って実施しています。

社会医療法人スミヤ 倫理委員会

START TYPING AND PRESS ENTER TO SEARCH